ウーマン

マンションを貸したいならリロケーションをセレクト

住宅は収入源になります

人形

安定した収入になります

日本経済が好調であった時期、高齢者の生活は年金による社会保障があれば十分な収入になりました。ところが、高齢者が増加する一方で年金制度を支える労働者人口が減少している近年、信頼できるシステムと考えられていません。そのため、老後に備えて十分な収入を確保する目的で、独自の収入源の確保が盛んに行われています。新しい収入源を開拓する方法は色々とありますが、賃貸住宅は非常に人気があります。賃貸住宅の利用者は一定期間住み続けるので、その間は賃貸収入を継続して確保できます。つまり、安定した収入に繋がるからです。また、居住者が退去しても新たな入居希望者が現れれば、再び収入源になります。そのため、長期間の収入源として、期待できます。

手軽に始められます

賃貸住宅の需要が高くなっている影響で、不動産投資商品として販売が進められています。そのため、従来は賃貸住宅を取得するには多額の初期投資が必要でしたが、比較的手軽な資金から取り組むことが可能です。小口で資金を集めて賃貸住宅の運用を行うので、一商品当たりの収入は大きくありません。ただし、不動産投資は入居者がいなければ収入になりませんから、資金を分散すれば収入の安定化に役立ちます。また、賃貸住宅は、新築物件である必要はありません。したがって、転居等で利用する予定のない住居があれば、すぐに始めることができます。特に、都市部で住宅を所有して定年を迎えた高齢者ならば、需要の高い地域で賃貸経営を簡単に始めることができます。